寝ている時間にもカロリーが消費される筋トレ効果

ダイエットと言うと、ジョギングやサイクリングなどの有酸素運動が定番のように考えられています。しかし、有酸素運動が体脂肪などをエネルギーとして使い始めるのには、20分以上継続した運動が必要とされています。

 

また、カロリー消費は、運動中のみと言えることから、ダイエットには毎日の様に継続的な運動が必要となってしまいます。これは、忙しい現代人にとって、なかなか難しいものではないでしょうか。

 

現在多くの、「筋トレ」をダイエットに取り入れている方が大変増えています。スポーツ科学的に考えても、有酸素運動に比べ筋トレの方が圧倒的にダイエット効果が高いことが認知されるようになったからです。

 

あまり筋トレをしたことがない方でも、筋トレをすると筋肉痛になることは想像出来ると思います。

 

筋肉痛は、筋トレによって筋繊維が傷つき疲労している状態で、回復させる為に身体の中では常にカロリー消費し続けている状態になります。

 

つまり、寝ている時間にもカロリーがつ使われダイエット効果が得られるのです。

 

運動している時しかカロリー消費しない有酸素運動に対し、寝ている時間にもカロリー消費が続けられる筋トレ効果。この点だけでも、筋トレの方がダイエット効果が高いことが分かると思います。